診療報酬請求事務専門士検定協会

デンタルアテンダントとは?

慢性的な歯科衛生士・歯科助手不足に悩む歯科業界の救世主として、
これまでの歯科助手検定試験の欠点を改め、日本で始めて実技検定試験を導入した実務対応型の検定試験です。

必要な知識と技術を習得しているため、ドクターや歯科衛生士を強力にサポートします。

各種締め切り

学科試験、実技試験ともに試験日の二週間前まで願書を受け付けます。
学科試験は奇数月の第四木曜日、実技試験は2・6・10月の第四土曜日に行います。

ランクアップ制度

デンタルアテンダント検定試験は、ベーシック合格後もランクアップが可能です。 
努力を続ければ、長く資格を活かすことができます。 

詳しくは検定事務局までお問い合わせください。

検定試験内容

デンタルアテンダントの検定試験は、実務で必要な歯科診療の基礎知識を修得する学科試験と、診療をアシストするための技術を修得する実技試験で構成されています。 

歯科クリニックでの業務についてしっかり学習するため、就職後のギャップも少なく活躍できます。

Please reload

一般社団法人 専門士検定協会

 

〒171-0021

東京都豊島区西池袋5-17-11

ルート西池袋ビル5F

 

TEL : 03-3981-0983(代表)

FAX : 03-5928-5530

受付時間 : 平日11:00~17:00